システムエンジニアになった理由。

私の職業はシステムエンジニアです。
この職業を選んだきっかけは中学生のころまで遡るのですが、授業でパソコンを使用したことが始まりでした。そこで使ったパソコンはMS-DOSという真っ黒の画面の中に白い文字が表示されるという古い機種でしたが、私にはその操作がとても面白く感じられました。
その後、家でパソコンがどれだけすごいのか、面白いのかを親に説明し続けていたところ、なんとある日家でパソコンを買ってくれることとなりました。当時20万円くらいだったので、今考えてみると親はすごい決断をしてくれたんだなと思います。
私はそれから高校生となり、大学はまさにパソコンを扱うような情報系の学科へ進学しました。
大学も3年生になり就職を考える時期になりました。私はそれまでどんな職業になりたいのかをあまりはっきりと考えたことがなく、ぼんやりと、やっぱり公務員になれば堅い人生が送れるのかなと思っていて、公務員試験の対策本を買ってみたり、どのような募集があるのか調べたりしました。

しかし、その過程で、はたして楽しい人生が送れるのだろうかと疑問になってきて、そこでやはり自分の好きなものを確実に使える仕事にしようと思いました。これが、今の職業を選んだ理由です。
今は公務員の方と一緒に仕事をすることがあるのですが、もしかしたらそちら側にいたのかもしれないな、とか考えながら仕事をしています。

今、仕事のほうが有難いことにとても忙しく、毎日バタバタと過ごしております。残業とかも多くなってきているので生活が不規則となり結構疲労がたまってきているのも確かですね。しかし、好きな仕事ができているので頑張ることができています。

疲れにはセサミンっていうのを摂取すればいいって雑誌で見たのでセサミンを取るためにサプリメントを購入しました。

このサプリメントを取り始めてから多少なりとも疲れを溜め込まない感じになっているように感じています。

疲れで頭がぼーっとして仕事にならないようにしなくては、システムエンジニアっていう仕事は集中力も大切ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>